美容皮膚科・アンチエイジング外来

お電話でのお問い合わせ 0538-38-3222

お問い合わせ

TOP >> 美容皮膚科・アンチエイジング外来 >> アンチエイジング >> 超高濃度ビタミンC点滴療法

美容皮膚科・アンチエイジング外来

超高濃度ビタミンC点滴療法

当院では超高濃度ビタミンC点滴療法によるガン治療を行っています

2005年にアメリカ国立研究所、国立ガン研究所、国立食品医薬品局の科学者達は 、共同で「高濃度ビタンミンCは、ガン細胞を選択的に殺す」という論文をアメリカ科学アカデミー紀要に発表しました。続いて、2006年3月には超高濃度ビタミンC点滴療法で長期生存を続けている3人のガン患者さんについてカナダの医師会雑誌に論文が発表されました。
さらに2007年には「超高濃度ビタミンC点滴療法がガン患者さんの痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの諸症状を改善し、QOL(生活の質)を改善する」という論文が韓国医師会の雑誌に発表されています。そして現在はアメリカやカナダの多くの医師らが高濃度ビタミン点滴療法をガン患者に行うようになり、この治療を受ける患者さんの数は急増しています。

ビタミンCの抗ガン作用機序

それでは、なぜビタミンCによってガン細胞が死ぬのでしょうか?高濃度のビタミンCが点滴で血液中に入ると、ビタミンCが血管の外側の細胞にしみだします。この過程で、ビタミンCが酸化されて、過酸化水素(攻撃性が強い酸素)が発生します。正常細胞はカタラーゼという過酸化水素を中和する酵素を持っているためまったく影響を受けませんが、ガン細胞の多くはカタラーゼが欠乏しているため過酸化水素を中和できずにダメージを受けて破壊されてしまいます。
すなわち、ビタミンCは高濃度になると栄養素ではなく抗ガン剤として働きます。一方ビタミンCはミトコンドリアの機能を正常化し、免疫システムを刺激(インターフェロモンの産生、マクロファージの食作用の亢進、NK細胞数の増加と遊走能の亢進)、P53遺伝子を安定化、P53遺伝子の障害を抑制し、化学療法あるいは超高濃度ビタミンC点滴によるpro-oxidant効果によって引き起こされる突然変異を予防します。すなわち、ビタミンCはガンの化学療法剤でありながら免疫力を高めるという、これまでにない理想の化学療法剤であるわけです。

超高濃度ビタミンC療法が適応となる方

超高濃度ビタミンC点滴療法 (1)標準的ガン治療(手術、放射線治療、抗ガン剤)が無効な場合
(2)標準的ガン治療の効果をより確実にする場合(併用療法)
(3)現在の抗ガン剤の副作用が強くて続けられない場合
(4)良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる場合
(5)代替治療として希望する場合
(6)遺伝的に発ガン性の高いケースの予防的投与
(7)手術後の再発予防のため

※超高濃度ビタミンC点滴は代替医療です。すでに有効な抗ガン剤、放射線治療に代わるものではありませんのでご注意ください。その場合は併用療法を推奨します。

超高濃度ビタミンCが有効とされるガンは?

乳ガン、前立腺ガン、肺ガン、悪性リンパ腫、肝臓ガン、大腸ガン、すい臓ガン、卵巣ガン、膀胱ガン、腎臓ガン、子宮ガン、多発性骨髄腫などで有効であるとの報告があります。まだ、充分に確立されていません。効果にも個人差があります。

超高濃度ビタミンC点滴をお勧めできない方

(1)腹水のある方
(2)心不全のある方
(3)腎機能が低下している方
(4)脱水症状の方
(5)病状が極端に悪化している方
(6)現在、透析治療中の方
(7)G6PD欠損症の方

超高濃度ビタミンC点滴の副作用について

アメリカのカンザス州ウイチタ市にある国際人間機能改善センターは超高濃度ビタミンC点滴療法で有名です。これまでの15年間に3万件以上の超高濃度ビタミンC点滴治療を実施してきました。このクリニックでは副作用によって死亡に至った例は1例もありません。実際には、ほとんど副作用のない安全な治療だと言えます。 1例ですが点滴初日に腫瘍から出血を起こした事例の報告がありましたが、大事には至っていません。このような腫瘍出血はこれまでの抗ガン剤の投与でも見られる副作用です。これを防ぐために初回はビタミンC15gから開始し、徐々に投与量を増加させます。

超高濃度ビタミンC点滴療法終了後の数時間は簡易血糖測定器で測る血糖値が高値になります。これは見かけ上、高いだけで、実際の血糖値はもっと低い値になります。したがって自己血糖測定をしてインシュリンの注射量を決めている糖尿病患者さんではインシュリンの量に注意しなければなりません。

ビタミンCを過剰に摂取すると尿管結石になりやすいことが知られています。しかし、超高濃度ビタミンC点滴療法ではこのような尿管結石は起こしにくいと言われています。

超高濃度ビタミン点滴療法の実際

最初はビタミンC15gから点滴を始め、25g50gと増量します。血液中のビタミンC濃度を測定し、投与するビタミンCの理想的な投与量を決定します。典型的な例では週に2回の点滴で6ヶ月間継続、その後の経過が良ければ週1回を6ヶ月、さらに2週間に1回を1年間、その後は月1回行います。なお、この治療を続けることにより免疫システムの増強、ガン性疼通の軽減、食欲の改善や体調の改善が期待できます。

※当院では点滴療法研究会の研修を受け、アメリカで実施されている「超高濃度ビタミンC点滴療法の標準的プログラム」と同じものを患者様に安全に提供致します。



初回:

初診料
超高濃度ビタミンC療法(15g)
血中ビタミンC濃度測定
G6PD欠損症検査
サプリメント1か月分

3,240円
16,200円
5,400円
8,640円
12,960円

 

合計

46,340円



2回目:

再診療
超高濃度ビタミンC療法(25g)
血中ビタミンC濃度測定

1,080円
19,440円
5,400円

 

合計

25,920円



3回目:

再診療
超高濃度ビタミンC療法(50g)
血中ビタミンC濃度測定

1,080円
23,760円
5,400円

 

合計

30,240円



4回目以降:

再診療
超高濃度ビタミンC療法(50g)

1,080円
23,760円

 

合計

24,840円


もしビタミンC血中濃度が目標値に達しないときには投与量を50g→65g→75g→100gと増量し、血中濃度を測定します。

ページの先頭へ