美容皮膚科・アンチエイジング外来

お電話でのお問い合わせ 0538-38-3222

お問い合わせ

TOP >> 美容皮膚科・アンチエイジング外来 >> 美容お肌でお悩みの方 >> Q-スイッチ・ヤグレーザー(レーザートーニング)

美容皮膚科・アンチエイジング外来

Q-スイッチ・ヤグレーザー(レーザートーニング)

肝斑治療について

【肝斑とは?・その原因】
肝斑(かんぱん)は、一般的に30〜40代のアジア人女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。肝斑(かんぱん)の原因はまだ明らかになってませんが、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用をきっかけにあらわれることがあることから女性ホルモンが関与していると言われています。その他にも、洗顔やフェイスマッサージなどによる物理的な刺激、紫外線・ストレス、毛細血管の拡張なども肝斑(かんぱん)ができる原因と考えられています。

肝斑の特徴

【肝斑症状の特徴】
 ■シミの境界がくっきりとしている
 ■シミが地図のようにベタっとし、濃淡の差があまりない
 ■シミが左右対称である
 ■頬にあらわれやすく、 額・口の周辺などにできることもある、目の周辺にはできない
 ■30代〜40代であらわれることが多く、閉経後は薄くなることが多い

肝斑の治療法

【肝斑治療法 レーザートーニングは画期的な治療法です】
肝班には、トラネキサム酸・ビタミンCなどの内服薬や美白剤の塗り薬、イオン導入による治療がおこなわれています。これらの治療で効果を実感するまでには、個人差もありますが一般的に数ヵ月程度かかります。また美白成分が入った化粧品も使い続けることで効果が期待できます。ただし、洗顔などで過度に肌をこすりすぎると、肝班が悪化することがあるので注意が必要です。ところで、肝班はシミなのだからレーザーで治療できるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。シミ用のレーザーは、日光性色素班や老人性色素班など、加齢や紫外線によってできたシミには効果がありますが、肝班の場合、シミ用のレーザーで治療すると、症状を悪化させてしまうことがあります。そのため肝班にはシミ専用のレーザー治療は禁忌とされていました。しかし、今まで治りにくいとされてきた肝班にも効果が期待できる画期的なレーザー治療法が誕生しました。それが、「レーザートーニング」です。
※レーザートーニングは、薬やスキンケアと併用することで効果がより早くあらわれ、再発も少なくなります。

 

 

 

レーザートーニングとは?

【美容上級者にもレーザートーニングはおすすめ】
レーザートーニングは、QスイッチYAGレーザーという医療用のレーザー機器を使って弱いレーザーを当て、メラニンを少しづつ壊していきます。回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。肝斑(かんぱん)だけでなく、シミやくすみなどの色ムラも改善し、明るく透き通るような肌へと導きます。開いた毛穴にも効果的で、ピンとハリのあるキメの整った肌になっていきます。

施術

レーザートーニングの治療自体は、10〜30分程度で終了します。パチパチとはじけるような感覚がありますが、麻酔は不要で、治療後はいつも通りメイクができます。週に1回、合計6〜10回の治療が目安です。

施術後のアフターケアについて

アフターケア1

・・・・・

お化粧は、施術直後から可能です。

アフターケア2

・・・・・

洗顔、洗髪、シャワー、入浴は施術当日から可能です。

アフターケア3

・・・・・

痛みの感じ方や赤みの出方は個人差があります。

施術料金

施術範囲によります

・・・・・

10,800円〜21,600円

ページの先頭へ