美容皮膚科・アンチエイジング外来

お電話でのお問い合わせ 0538-38-3222

お問い合わせ

TOP >> 美容皮膚科・アンチエイジング外来 >> アンチエイジング >> 胃ピロリ菌検査

美容皮膚科・アンチエイジング外来

胃ピロリ菌検査

胃ピロリ菌検査について

胃の中に住み着く、ヘリコバクター・ピロリという細菌(通称ピロリ菌)と胃癌の発症には、深い関係があると知られています。1994年国際癌研究機構はこのピロリ菌は胃癌の原因となるものであると宣言しました。実際、国内の研究でも、1526人の7年8ヶ月の追跡調査中、胃癌の発生36人はピロリ菌陽性者1246人にのみ認められ、ピロリ菌が陰性であった280人には一人も胃癌が発生しなかったというデータがあります。またピロリ菌陽性者を除菌することによって胃癌の発生を3〜6分の一に減らすことが出来ます。そのほか胃潰瘍・十二指腸潰瘍患者さんの約7割もピロリ菌が陽性といわれています。当院では精度が高くて、簡便で無痛の尿素呼気検査法をもちいて胃ピロリ菌の有無を検査します。 下記のような方にお勧めしています。


(1)胃がん・胃潰瘍を予防したい方
(2)慢性胃炎を治療したい方
(3)家族、身内に胃癌患者さんがいる方
(4)内視鏡(胃カメラ)が苦手な方

※ピロリ菌陽性の場合は、希望者には除菌治療も行っています。
※検査・治療費用は、原則自費診療になります。 尚、現在胃カメラで胃潰瘍・十二指腸潰瘍と診断されている方は、健康保険が適応されます。

検査費用(自費の場合)

・・・・・

8,640円

除菌費用(自費の場合)

・・・・・

10,800円


胃ピロリ菌検査(尿素呼気検査方法)の実際


  胃ピロリ菌検査1   胃ピロリ菌検査2   胃ピロリ菌検査3   胃ピロリ菌検査4   胃ピロリ菌検査5  
(1) 呼気を採取
(2) 検査薬を内服
(3) 左側臥位の姿勢
(4) 10分間座位
(5) 再び呼気を採取

(1)検査用薬を内服する前に呼気を採取します。
(2)検査薬を約50mlの水とともに噛まずに内服し、その後2〜3回うがいをします。
(3)左側臥位の姿勢を5分間保ちます。
(4)その後10分間座位を保ちます。
(5)その後再び呼気を採取します。

検査結果は2〜3日ででます。

 

ページの先頭へ